Elementorのボックス機能でHAIKのパネルもどきを実装

 

画像の説明

 


かつてHAIKにあってWordPressに無い物の代表としてHAIKのパネル機能があると言いました。しかしElementorのボックス機能を利用すれば、そのパネルもどきが実装可能です。

Elementorのボックス機能には、アイコンボックスと画像ボックスの2タイプのボックスが存在します。

どちらのボックスでもボーダーと言う囲み罫線を使用して、ボックスの角を丸く変形すれば、HAIKのパネルもどきが実現できます。

上記のサイトのトップページには、所謂、WordPressの3PR(3つのキャッチコピー)に、そのパネルもどきのアイコンボックスを実装しているのが確認できると思います。