2度目のWordPressチャレンジは挫折しませんでした。

HAIKの将来性に疑問と不安を抱えて、このままではダメだと思い、再び、WordPressに目を向けたのが2016年5月のことです。まだ2年前の話です。今回、挫折せずに何とかものにできたのは、いくつかの要因があったと思います。

1.WordPressスキルを取得する目的が明確にあったこと

再三、記載していますが、HAIKの将来に疑問と不安を感じていることで、何とかせねばとの思いからWordPressに再チャレンジしたことが、結果的に良い方向に向いたからだと思います。即ち、WordPressしかありえないとの目的意識が、今回は強かったと言うことですね。

2.制作代行を想定したらHAIKでは勝負できないこと

視点を変えて制作代行することを想定したら、HAIKの知名度、拡張性、将来性その他で比較したら、HAIKでは不利、断然WordPressの方が有利であること。
またお客様の立場に立って考えてみると、WordPressで作成したサイトなら、お客様のサイトをメンテナンスできる人は、世の中に沢山いること。HAIKでは限られて人しかメンテナンスできないこと。

3.プラグインELEMENTORの存在

プラグインELEMENTORは、WordPressのページビルダーの一つですが、他のページビルダーと比較しても、断然、ELEMENTORをお薦めできる素晴らしいツールであると断言できます。
それは、今まで高い壁(ハードル)があったWordPressを、初心者でもWordPressを使いこなせる可能性を秘めたELEMENTORの出現で、筆者もそうですが、これからWordPressに取り組む方にも、やる気をもたらせてくれる存在になっています。

4.デザイン専用サイト「賢威」の存在

一番苦労したのはデザインテーマの選択と使い方でした。そんな中で「賢威」というデザイン専用サイトに辿りつき、「餅は餅屋」デザインに苦労するより既存のデザインを導入した方が、手っ取り早いとの結論に至り今回の仕様になりました。言い換えれば、WordPressに慣れるのに手っ取り早い存在が「賢威」だったと言うことです。

将来性、拡張性、10年先にも存在するWordPress