カテゴリ:HAIK

藤心819塾は、今年度末(2019/3月)に閉鎖します。

当サイトの関連リンク集にも掲載したばかりの「藤心819塾」ですが、来年3月をもってサイトを閉鎖することになりました。当サイトの前身「藤心QHMクラブ」は、今年3月に閉鎖したことは、ご存知のことと思います。

その時は、「今更、QHMでもないだろう」との思いで閉鎖しましたが、今回はちょっと事情が違います。閉鎖に至る経緯等をお話ししたいと思います。

2年前の旧北研のアナウンス「QHMは開発中止、HAIKのみ継続開発」で、筆者はHAIKの将来に不安を感じつつ現在に至っております。将来性への不安は、筆者だけではありません。
某HAIK-forumの下記の投稿記事にも表れています。
HAIKの今後と移設の検討

その後、現在のHAIK開発チームにHAIKが事業転売され、少しは良くなるかと期待しましたが、一向にユーザーは減ることはあっても増えることない現状が続いております。

正直、HAIK-Teamの実態は会員にならないと分からないことばかりですが、第三者的に外からHAIK-Teamの動きを見ていると、会員募集またはユーザー獲得等の広報活動を停止しているかのように見えてなりません。

SimpleシリーズのHAIKテーマを販売中止した際に、新しいテンプレートの公開を予測するアナウンスもありましたが、その後、一向に新テンプレートの発売の話もありません。

QHM/HAIKの開発者の旧北研は、QHMだけでなくHAIKをも見捨てたこと。
自身はWordPress関連事業を立ち上げ、さもHAIK-Teamに対抗する動きをあからさまにしています。

HAIK-Teamにしてみれば、toieeラボ(旧北研)に裏切られたと言う邪推もしたくなる状況です。そんな邪推の中でHAIK-Teamのやる気の無さが表面に現れていても可笑しくない状況です。

そして筆者の将来展望ですが、

  • HAIKは過去の遺産ででしかなく将来性はない
  • 絶滅危惧種と言ってよく状況はますます悪くなる
  • 今の内にHAIK以外のツール(例えばWordPress)に移行すべき


結局、HAIKサイトは消えて行くしかない?

藤心819塾は、2019/3月で閉鎖しますが、そのサイトでサービスを展開している以下の3サポート事業は、今年末(2018/12月)でサービスを停止します。

  1. QHM⇒HAIKへの置き換えサポート
  2. HAIKの定期定額保守サポート
  3. HAIKの個人レッスン

画像の説明