カテゴリ:HAIK

「六句」の存在価値は「3カラムデザイン」のみ

昨日の「六句」の続編です。但し、「六句」はSimpleシリーズのHAIKテーマですが、現在は販売中止状態です。

旧QHMには3カラムデザインが作成できるテンプレートが複数ありました。
3カラムデザインとは、HPの画面構成を左サイドメニュー、コンテンツ部分、右サイドメニューと言う3つのパーツに分割して画面構成するHPデザインを言います。

HAIKになって、その3カラムデザインの姿が消えたかのようになっていますが、唯一、その3カラムデザインを実装できるテーマが「六句」です。「六句」の存在価値はそれに尽きます。

また「六句」は「八句」や「doc」と同じでサイドメニューが固定されたテーマでもあります。画面を上下にスクロールすると左サイドメニューが固定されて動きませんが、右サイドメニューはコンテンツ部分と同じ動きで上下にスクロールします。その辺が3カラムページとしては不完全な仕様のようにも思えますが、筆者だけでしょうかそのような不満を持っているのは・・・・