新旧の「段組」の違いはプラグイン名称の違いのみ

HAIKになって断然使い易くなったプラグインの一つが「段組」です。
機能的には、新旧どちらの段組も変わりありません。
ただ旧QHMのプラグインの設定がHAIKのそれに比べたらやや面倒な設定となります。
新旧を比較してご覧戴ければ一目瞭然です。


先ずは、新旧(QHM/HAIK)の段組の比較です。


新HAIKの段組のプラグインは #cols です。


WordPressの場合、ELEMENTORがお薦めです。

WordPressでの段組は、様々なプラグインがあり一長一短、ユーザーの好みで選択するケースが多分にあります。その中で、筆者がお薦めするプラグイン「ELEMENTOR」による段組表現が一番ユーザーに優しく分かり易い段組になります。

プラグイン「ELEMENTOR」は、段組ありきのプラグインです。即ち、段組ファーストのページ編集ツールです。元々、「ELEMENTOR」は、セクションと言うHAIKで言う段組に相当する機能が進化して現在に至っています。