Twenty Seventeenで作るLPもどき3例

藤心パソコン倶楽部2017

https://fujigopc.com/

固定ページレイアウト
「1カラム」の例

WordPress試作見本

https://wpsample.fujigowp.info/

固定ページレイアウト
「2カラム」の例

藤心WordPress塾PR

http://fujigowp.info/wpschool/

固定ページレイアウト
「1カラム」の例



上記の3つのサイトは、何れもWordPressの今年度のデザインテーマ「Twenty Seventeen」で作成されたLPもどきのページです。左の2例は元々あったサイトでしたが、この度、アイキャッチ(WordPressではヘッダー)画像を見直し、画像の入れ替えをしてみました。

テンプレート・オプションに「固定ページのレイアウト」という設定項目があります。
真ん中のページのみ、その「固定ページのレイアウト」を「2カラム」とし、他の2例は「1カラム」と設定しました。その違いを確認して下さい。


「Twenty Seventeen」の特徴について

デザインテーマ「Twenty Seventeen」は、ランディングページに特化した特異的な特徴を持っています。そのLP仕様を制御する項目として、「外観」~「カスタマイズ」の中に「テーマオプション」があります。

その「テーマオプション」には、4つのセクション(下層ページ的なページ)から構成されており、トップのアイキャッチに引き続いて第1セクションから第4セクションまでのサブページを、画面スクロールで順番に表示する仕組みが、テーマをインストールした段階で既に出来上がっています。

各セクションには大型画像(横幅2000px以上)によるアイキャッチが背景固定画像として設定できる仕組みになっており、結果として縦に長いランディングページが簡単に出来上がる仕様となっています。

もう一つTwenty Seventeenの大きな特徴として、固定ページにはサイドメニューがありません。但し、サイドメニューはブログページにのみ存在します。元々LP仕様に特化したテーマならサイドメニューは不要ということみたいです。


将来性、拡張性、10年先にも存在するWordPress

藤心のWordPress塾は、個人レッスン付き制作代行プログラムです。
QHM/HAIKは、旧メーカー(北研)が見捨てた絶滅危惧種の古いシステムです。
QHM/HAIK⇒WordPressへの移行をご検討中のユーザー様、是非、この機会に当方がお薦めする移行プログラムに便乗してみては如何でしょうか?