カテゴリ:HAIK

サイト閉鎖の後は、サイトの削除のみ有り!

藤心関連のHAIKサイトは、今年度末(2019/3月)に一部のサイトを除きサイトを閉鎖する旨をお伝えしました。一部の例外サイトとは、今、ご覧になっている当「藤心HAIKクラブ」のHAIKサイトで、サイトの閉鎖は1年延長して2020/3月を予定しております。

そして閉鎖した後は、FTP(実際にはFileZilla)を使用してサイトを順次削除します。即ち、2019/4月以降、大部分のHAIKサイトは当方のXサーバーより姿を消します。最終的には、一年後の2020/4月以降、WordPressサイトのみ残り、HAIKサイトの全てが、当方のサーバーより完全に消滅します。


QHMは既に絶滅しております。

HAIKの前身QHM(Quick Homepage Maker)は、最終バージョンVer5.3を最後に、更新が止まった状態となっており、既に「絶滅」しております。PHPバージョンでは、Ver5.6がQHMの最終環境となっており、仮にPHPバージョンをVer7.0以降に変更するとQHMは稼働しなくなります。即ち「絶滅」とは、このような状況を言います。


HAIKは絶滅危惧種となりつつあります。

QHMからHAIKに移行したサイトは、前記のPHPバージョンVer7.0以降でも現在は正常に稼働しておりますが、これは、現在の開発メーカー「HAIK-Team」が、最新PHPバージョンに対応したHAIKシステムのメンテナンス対応をしているから実現できていることで、PHPバージョンに対応したHAIKの維持管理を辞めた場合、HAIKも「絶滅」する可能性を秘めています。

要は、HAIK-Teamの出方次第という極めて危ない状況にあることには否めません。2017年11月にHAIK-Clubを退会しHAIKの正式会員から非会員に身を引いた筆者には、現在のHAIK-Teamの状態がどうなっているのか分かりませんが、外部のHAIK-forumで、その状況を推し量るしか手立てはありません。
https://haikforum.qhmtips.com/patio/patio.cgi?read=450&ukey=0


今年の年頭のHAIK-Clubのメッセージ

年頭と言っても1月31日に約2年ぶりに発信されたブログ(お知らせ)記事ですが、なんとも寂しい限りのアナウンス内容で、期待を裏切られる内容です。
https://haik-cms.jp/index.php?QBlog


HAIK-Clubがどうなろうと我道を行く精神で!

HAIKが絶滅しようがしまいが、既にWordPressに舵を切り直した我が身の振り方は、HAIKサイトの「閉鎖⇒削除」の方向は変わりません。その時期が来月(2019/3末)に来ているだけの話です。