共通する仕様は、グリッド(grid)レイアウトです。

画像の説明
 

WordPressの試作見本

画像の説明

藤心の更新ニュース


左側サイトのトップページには、8行3列のグリッド形式でコンテンツメニューを形成しています。それに対して右側サイトのトップページには、10行2列のグリッド形式で、ブログのサムネイルを配置しています。

共通するキーワードがグリッド(grid)仕様です。ただ、右側サイトはブログそのものであるので対して、左側サイトはブログではなく固定ページがトップページとなっている違いがあります。

そもそもグリッド(grid)とは、どう言う意味でしょうか?
gridは「(鉄)格子」「(窓の)鉄柵」「(地図の)碁盤目」「(高圧線の)送電網」などと訳されます。 日本語でも「グリッド線」として使われます。即ち、縦横のマス目状を意味する単語を解釈すれば良いと思います。

トップページがブログか非ブログかの違いがありますが、コンテンツの見せ方には大した違いはありません。左側サイトのグリッドには、Elementorの画像ボックスが配置されています。